御礼

2017年05月30日(火)

湘和礼殯館淵野辺 営業プロデュースの弓野と申します。

昨日は施設見学会にお越しくださいまして誠にありがとうございました。
実際の式場見学、通夜料理試食体験や個別のご相談などをさせて頂く他、お盆飾りに向けて沢山の提灯を展示をさせて頂き、多くの皆様にゆっくり当館をご覧になって頂く事が出来ました。

当館は今回の様な施設見学会を定期的に開催しておりますが、それ以外の日でも毎日10時から16時まで自由にご来館頂く事で施設内をご覧になって頂けます。ただ普段は「建物には興味があるけど、なかなか葬儀式場には入りにくい」という方も、こうした見学会ではいつも以上に気軽にご来館頂けると思います。

次回の開催は7月を予定しております。詳細などは随時こちらのブログでもお知らせさせて頂きますので、是非ともお誘い合わせの上ご来館くださいませ。

5月29日 (月) 施設見学会 開催のお知らせ

2017年05月24日(水)

こんにちは。館内スタッフ葬祭ディレクターの山本と申します。

 

ここ数日猛暑日が続きましたね・・・、

お買い物に出かけるのも日傘や帽子が欠かせませんでしたが、今日から来週にかけては少し暑さも落ち着き過ごしやすい日が続くそうです!

 

そして来週ですが・・・

5月29日月曜日に私共の葬儀式場「湘和礼殯館 淵野辺」にて施設見学会を開催致します。

時間は10:00から14:00まで館内を自由に見学していただき、通夜料理の試食会もございます

場所は「横浜線淵野辺駅」より徒歩8分です。 

 

皆様の中でご自宅のポストに入っている 「見学会のご案内」 のチラシをご覧になった方はいらっしゃいませんか? 

私達館内スタッフで淵野辺周辺お住まいの皆様にポスティングさせて頂いております。

一件一件歩いてますと、淵野辺の町並みの変化に気が付いたり、「こんなところにスイーツのお店が!」と嬉しくて入ってみたり、きれいに手入れをされているお庭や花壇を目の保養にしたり・・・

ポスティングで新しい発見を頂いています。

 

葬儀式場は日常であまり目にする事のない空間ですので、施設見学会で皆さまに現在の葬儀事情やオリジナルの祭壇など、新しい事を感じて頂けたら幸いです。 

どうぞお気軽にご来館下さい。

湘和礼殯館淵野辺の館長、河野を始め、スタッフ一同 心よりお待ち申し上げております。

 

 

初めまして。

2017年05月22日(月)

皆様、初めまして。

今年の4月に参りました料理部門を担当させていただいている

大平と申します。 どうぞ宜しくお願い致します。

ここ最近、蒸し暑い日が続き、寝苦しい夜も増えてきましたね?

皆様も水分補給をしっかりとして、熱中症にはお気をつけ下さいね。

ところで先日、学生時代によく食べていたカレー屋さんが、テレビ番組

で特集されていたのを見て、久しぶりに行ってきました。

やはり美味しいもの、好きなものは記憶に残るものだなと改めて実感

致しました。

当社は冠婚部門もあるので、料理については特に自信を持って提供

させていただいております。

又、内製でお料理を作らせて頂いておりますので、メニュー内でアレルギー

があり食べれないものがあった際も、一部メニューの変更も可能なので、

お客様に合ったオンリーワンのお食事の提供が可能でございます。

私共、ご葬儀という大切な場面で、お式だけでなく、お食事も通じて皆様に

寄り添える温かみのある場面を提供し続けられるように日々努めてまいります。

お手紙と折鶴

2017年05月20日(土)

%E3%81%8A%E6%89%8B%E7%B4%99.png

 

皆様、こんにちは。葬祭ディレクターの小山です。

沖縄では梅雨入りをしているようですが、本日は日差しも強く夏のような一日でしたね。

皆様、水分など細かく取り、熱中症などお気をつけ下さい。

 

 

さて、私どものご親族様のお控室では毎回ご用意させて頂いているものがございます。

それは上記の写真にも写っている、お手紙と折り紙のセットです。

 

よく、ご葬儀で最後のお別れのお時間にお伝えしたい言葉をお伝えしている場面をお見かけするかと思います。

ただ、お客様によってはなかなか想いを口に出来なかったり、人目を気にしてしまい、お伝えできない事もあるかと思います。

そのようなお客様の為に、私どもではお手紙のセットをご親族様のお控え室にご用意し、最後にお伝えしたい言葉をお伝え頂けるようにしております。

また、上手く言葉がまとまらないお客様の為にも、折り紙をご用意し、想いを込めて折鶴を作っていただけるようご準備しております。

鶴は「鶴は千年、亀は万年」ということわざからも見られるように、縁起がいいものとされており、「魂を迷わないように導く」とも言われております。

よくお別れのお時間に折鶴をお手向けするのが多いのは、上記の理由があるからです。 

 

 

現在では携帯電話の普及などもあり、なかなか手紙を書く機会もなくなってしまいました。

ただ、想いを込めた手紙や折鶴を受け取るというものは、とても嬉しいものかと思います。

皆様のお伝えしたい想いをしっかりとお伝えできるよう、日々試行錯誤しながらお手伝いさせて頂いております。

 

 

湘和礼殯館淵野辺では毎日10:00から16:00まで開館しております。

「家族葬とはなんだろう?」「ご葬儀に費用はどのくらいかかるのかしら?」などのご相談も承っておりますので、ご来館下さい。

淵野辺駅北口より徒歩7分でございます。

 

カエルの手と楓

2017年05月14日(日)

DSC_0038-1.jpg

皆さま、こんにちは。葬祭ディレクターの小山です。

数日前は真夏かと思うぐらいの日差しでしたが、急に気温が下がり、なかなか晴れない日が続いていています。

そんな中、先日息子と一緒にカエルを採りに相模原市中央区の田名に行きました。

相模川沿いの田んぼを懸命に散策していると、沢山のカエルとおたまじゃくしが居ました。

カエル好きの息子は大興奮で、結果、虫かごいっぱいになるぐらいにカエルを捕まえられました。

さて、そんなカエルにちなんだものが、この湘和礼殯館淵野辺にもあります。

それは上記の写真にもあるです。

楓の名前の由来は、がカエルの手に似ている事から来ています。

最初は楓の事を「かへるで」と呼んでいたようですが、それが転じて、「かえで」になったと言われています。

また、紅葉も同じように葉がカエルの手に似ている事から、昔は楓と同じように「かへるで」と呼ばれていたようです。

そんな楓の花言葉は「大切な思い出」です。

ご葬儀は家族葬でも、沢山の方をお呼びするご葬儀でも、取り返しが付かない、その方にとって1回だけのものであります。

私たちはどのようなご葬儀でも、皆さまの中で悲しい思い出としてではなく、大切な思い出として残るようにお手伝いさせて頂きたいと考えております。

そのためにも、日々の施設の整理整頓を始め、皆様で座ってご歓談頂ける様に作った囲炉裏があるロビー、温かいお料理を召上って頂ける様に面前調理などご用意しております。

少しでも、悲しみが癒され、ぬくもりがある大切な思い出になれたら幸いです。

湘和礼殯館淵野辺は毎日10時から16時まで開館しております。

淵野辺駅北口より徒歩8分です。

玄関脇にある楓が目印ですので、お困りのことなどございましたらご来館下さい。

この記事のURL
Previous Entry is ネモフィラ >>

ネモフィラ

2017年05月09日(火)

IMG_9685.JPG

こんにちは湘和礼殯館淵野辺の弓野です。

ゴールデンウィークも明け皆様は如何お過ごしでしたでしょうか。

 

私は先日ひたち海浜公園までお出掛けしてきました。お目当ては今が見頃のネモフィラ。今年は少し開花が早いと聞いていたのですが、当日は見事に満開のネモフィラが咲き誇っており、正に絶景でした。

 

 

 

ネモフィラの花言葉は「どこでも成功」。

新年度から1ヶ月、新しい挑戦を初めている私にもネモフィラの花々はとてもポジティブな励みになりました。

 

また、私たち葬儀社も大切な方へ贈るお花が持つメッセージ性を改めて大切していかなければならないと感じました。

この記事のURL
Previous Entry is 鯉のぼり >>

鯉のぼり

2017年05月01日(月)

当式場から車で30分位の相模川高田橋の辺りで「泳げ鯉のぼり相模原」が開催されています。
息子たちがが幼かった7~8年前に行ったことがありますが、相模川の両岸から1000匹以上の鯉のぼりが泳いでいる姿はとても雄大だったことを覚えています。(我が家は鯉のぼりよりも出店されている屋台のほうが主になってしまいました)
5日まで開催されているそうです。GWのお出かけ先にいかがでしょうか?