お料理と施設見学会

2017年04月25日(火)

 

皆さま、こんにちは。葬祭ディレクターの小山です。

 

 

も散り、若葉が多い茂り、暖かい気候になりましたね。

少し前までヒートテックが手放せなかったのが嘘のように、今では半そでで出かけている方も目にします。

また、暖かくなってきたからか、スーパーでわらびや竹の子など、山菜が出回っているのを目にしますね。

 

 

我が家のベランダでも1ヶ月ぐらい前に、ふきのとうが顔を出しているのを発見しましたが、「後で収穫しよう」と思っているうちにすっかり食べごろを逃し、今ではフキがベランダを多い茂っています。

また、親戚から竹の子を貰い、山菜狩りに行った父かはらわらびを貰い、すっかり食卓に山菜が溢れて春の訪れをより一層感じます。

 

 

さて、季節のお料理は私ども湘和礼殯館淵野辺でもご提供させて頂いております。

春夏秋冬メニューを変え、旬の食べ物を味わって頂き、少しでも皆さまの悲しみが癒せたらと思っております。

今は春のメニューをご提供させて頂いており、山菜はもちろん、アサリや桜海老などもご用意しております。

お式だけでなく、お料理にも通じて、皆様の悲しみに寄り添えたらと考えております。

 

 

また、湘和礼殯館淵野辺にて、4月30日の10:00~14:00まで施設見学会を開催致します。

お通夜料理の面前調理の実演や試食、ご相談なども承っております。

「家族葬とはなんだろう」、「どれくらい費用がかかるのだろう」といった質問にもお答えしますので、是非ご来館下さい。

また、上記の日程が合わない方でも、毎日10:00~16:00まで開館しておりますので、どうぞご来館下さいませ。

 

 

雷乃発声(かみなりすなわちこえはっす)

2017年04月04日(火)

 

皆様、こんにちは。葬祭ディレクターの小山です

暖かくなってきたと思ったら、昨晩のゲリラ豪雨に落雷。

どうやら、落雷の影響で交通機関にも乱れが出たようですが、皆様は大丈夫でしたでしょうか? 

 

さて、雷に因んだお話ですが、およそ3月30日から4月3日にかけて、「雷乃発声(かみなりすなわちこえはっす)」と呼ばれる季節なのはご存知でしょうか?

こちらは、七十二侯と呼ばれる内の一つです。七十二侯とは春夏秋冬をそれぞれ6つに分けた24の季節、「二十四節季」をさらに5日ずつに分けたものです。

それぞれの二十四節季に対して、七十二侯では3つの期間があります。

「雷乃発声(かみなりすなわちこえはっす)」は二十四節季の内の一つである春分の末候にあたるもので、字のごとく春に鳴る雷を指すものです。

 

 

春は寒暖の差が激しく、天気が移ろいやすい季節でもあります。

もし、外出中に急な天気の変化がありましたら、宜しければ10001600までは湘和礼殯館淵野辺は開館しておりますので、雨宿りがてらお立ち寄り下さい。 

 

 

また、4月は会社、学校などにとっては新しい年度の始まりの季節でもあります。

皆様のご要望に沿える様、従業員一同、精進してまいりますので、今後ともよろしくお願い致します。