年内は12月31日まで開館しております。

2015年12月28日(月)

相模原市の葬儀場「湘和礼殯館淵野辺」は年内12月31日まで開館しております。

年明け1月1日から3日までは閉館しておりますが、お電話のお問い合わせは24時間対応しておりますので、ご心配ごと、ご相談等ございましたら、お電話にて承らせて頂きます。

師走の慌しさの中、皆様体調には充分お気をつけ下さいませ。

 

相模原市の家族葬専門邸宅型葬儀場

「湘和礼殯館淵野辺」

〒229-0006 相模原市中央区淵野辺5-8-6
TEL:042-730-6662
E-mail:r-fuchinobe@syouwa-kaidou.co.jp

http://www.syouwa-kaidou.co.jp/kaido/srf

この記事のURL
Previous Entry is クリスマス >>

クリスマス

2015年12月24日(木)

年末は、いろいろなイベントが目白押しですね。

クリスマスもその一つです。

今年はクリスマスどころではないです・・・そう仰る方もまたくさんいらっしゃると存じます。

でも、淵野辺駅前にもあるような、輝くイルミネーションを今は街やラジオやテレビの中のどこかしらでも見る事が出来、クリスマスソングを聴く事も出来ます。

ほんの一瞬でも、クリスマスの事を感じて、楽しい思い出が甦ればと思います。

この記事のURL
Previous Entry is 一陽来復 >>

一陽来復

2015年12月22日(火)

朝、小豆粥を召し上がったり、夜はかぼちゃと小豆のいとこ煮を召し上がって、柚子湯で温まり冬至の日を過ごされる、という方もたくさんいらっしゃるかと存じます。

今日冬至は一年で一番日照時間が短い日ですが、冬至を境に太陽の力が再び強くなっていきます。

冬至にちなんだ風習は、健康や心構えに、きちんと意味があるそうです。

冬至の日に行うべき事と、祖先から私達子孫へと伝えられ受け継がれてきた大切な風習を、お忙しくてなかなか出来ないとおっしゃる方も、たとえ一つでも実行して、これからの厳しい冬の寒さを向かえるに当たり、健康で前向きな気持ちで過ごされますように、お願い申し上げます。

 

 

相模原市の家族葬専門邸宅型葬儀場

「湘和礼殯館淵野辺」

〒229-0006 相模原市中央区淵野辺5-8-6
TEL:042-730-6662
E-mail:r-fuchinobe@syouwa-kaidou.co.jp

http://www.syouwa-kaidou.co.jp/kaido/srf

クリスマスが近くなりましたね。

2015年12月19日(土)

淵野辺駅のイルミネーションも美しく輝いてクリスマスの音楽があちこちに流れています。

ツリーにオーナメント、イルミネーションを飾り付けて、クリスマスを楽しみにされているお宅、まだまだ忙しくてクリスマスの飾りまで出来ないけれど、当日は少しでも時間を作って、ささやかでもちょっと華やかな気分を味わいたい、などと様々だと思います。

そして、またまた食べ物の話しになりますが、クリスマスにはケーキがつきものですね 笑う

お店のケーキ、手作りケーキ、プレゼントしてもらうケーキ。皆様のお宅ではどんなケーキを召し上がっていましたか?

先日お聞きしたケーキのお話は「我が家では、クリスマスのケーキだけは父の手作りでした。」普段お仕事でお忙しいお父様が、この時ばかりは時間を作って、フルーツケーキを焼いてくださったそうです。

当日時間が取れない事もあるので、日持ちのしない生クリームのケーキではなくドライフルーツのケーキを焼いて下さったそうです。

「子供の頃は、華やかな生クリームのデコレーションケーキを羨ましく思った事もありますが、だんだん、世界に一つだけの我が家だけのクリスマスケーキが誇らしく思えてきましたものです」

ケーキを食卓に運ぶのもお父様。その時のお父様の嬉しそうな顔が今も目に浮かぶそうです。

 

相模原市淵野辺の家族葬専門貸切邸宅型葬儀場 

湘和礼殯館淵野辺

この記事のURL
Previous Entry is 鍋料理 >>

鍋料理

2015年12月18日(金)

先日とは打って変わって今朝は特jに寒さが身に凍みますね 悲しい

いかがでしょう?夕べあたりから、夕食の献立はお鍋料理のご家庭が多かったのではないでしょうか。

一口に鍋、と言ってもご家庭によって、さまざまな食材を使った、それぞれの家庭の味の鍋料理のレパートリーが、きっと想像もつかないほど沢山あるのではないかと思います。

我が家の鍋は何と言ってもこれ!!という定番を皆様お持ちなのではありませんか 笑顔

ぐつぐつと煮えるお鍋を囲んでの一家の団欒のぬくもりは、これからさらに厳しくなるであろう冬の寒さに負けない力がありますね。

湘和礼殯館淵野辺のロビーには、そんなぬくもりを連想させる「囲炉裏」がございます。

火こそ起すことは出来ませんが、実際に炭の入った囲炉裏を囲み、ご自宅と同じように親しい方々との語り合いに皆様和んで頂いております。

お式・法事以外の時は毎日10時から16時の間開館しております。

湘和礼殯館淵野辺のシンボルのひとつ、「囲炉裏」をご覧になりながら、施設をご見学くださいませ。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

相模原市の家族葬専門邸宅型葬儀場「湘和礼殯館淵野辺」

〒229-0006 相模原市中央区淵野辺5-8-6
TEL:042-730-6662
E-mail:r-fuchinobe@syouwa-kaidou.co.jp

http://www.syouwa-kaidou.co.jp/kaido/srf

この記事のURL
Previous Entry is 暖かい一日 >>

暖かい一日

2015年12月16日(水)

今日は陽だまりにいると、まるでまだ秋かと錯覚してしまいそうな暖かさでしたね 照れる

でも暖かい日は今日までだそうです。

風邪を引きやすい自分の為に、編み物が趣味だった母が編んでくれたんですよ、と、先日お客様からご自身の子供時代の小さな可愛いセーターやマフラーを見せて頂きました。

今日のようなぬくもりのおすそ分けを頂戴致しました。

皆様、本格的な冬に向けて、くれぐれも体調を崩されませんように。

 

相模原市淵野辺の家族葬専門貸切邸宅型葬儀場 

湘和礼殯館淵野辺

この記事のURL
Previous Entry is 歌舞伎 >>

歌舞伎

2015年12月15日(火)

歌舞伎座で開催中の歌舞伎を鑑賞して来ました。

休憩を入れての4時間半の長丁場ですが、それぞれ全く内容の異なる三つの演目で、非日常の空間の中で、全く飽きる事なく古典芸能を楽しみました。

大ベテランの役者さん、テレビにもよく出演されている大人気の若手の役者さん、大勢での登場で台詞もなくただ頷くだけの役者さんたち、顔が出ることはなく馬の足を演じている役者さんたちが、同じ舞台に立ち演じていました。

17世紀初頭が始まりとされる歌舞伎ですが、遠い祖先から受け継いだ古典芸能を今も大切に守り続け、現代の私たちの目の前で、当時から演じ続けられている演目を活き活きと表現してくれていました。

祖先から脈々と続いているものを大切に次世代へと繋げていくことは、普通の生活を営んでいる私達にも無縁の事ではなく、「見送る」という儀式を通じて、全く同じ事を行っているのではないかと、歌舞伎鑑賞後の感動の中、ふとそう感じました。

 

相模原市の家族葬専門邸宅型葬儀場「湘和礼殯館淵野辺」

 〒229-0006 相模原市中央区淵野辺5-8-6
TEL:042-730-6662
E-mail:r-fuchinobe@syouwa-kaidou.co.jp

http://www.syouwa-kaidou.co.jp/kaido/srf

この記事のURL
Previous Entry is シンボル? >>

シンボル?

2015年12月11日(金)

こんにちは、湘和礼殯館淵野辺です。

今年も残すところあとわずかとなり、肌寒い日が続いております。
12月になると忘年会やクリスマスとイベントも多くなってきますね☆

クリスマスというと大きなツリーをイメージされる方も多いのではないでしょうか?
礼殯館淵野辺にはそのような大きなツリーは無いですが
楓や竹といった和を感じられる植木があります。

当式場では毎日10時~16時に開館しており、常駐スタッフによりその植木達も大切に
育てております。
お近くを通られる際に見て頂ければ幸いです。
また、開館時間内だけでなく時間外でもお電話でのご相談を24時間承っております。
御心配な事やご不安に思う事がございましたらご連絡を頂ければと思います。