文月

2014年07月31日(木)

今日で七月が終わります。

和名は文月。

語源には諸説あるようですが、詩歌をしたためたり、手紙を書いたり・・・そんな意味の文が似合うような気もします。

今はメールやLINEであっという間に伝えられる思いですが、たまには、自筆の手紙やカードで、思いを伝えてみるのも良いものです。

 

そうめんと冷麦

2014年07月30日(水)

暑くて、食欲のない時、これなら食べられる、と思う主食はのどごしの良いそうめんや冷麦ですね。

一見似たような麺類と思いますが、太さが違うだけではなくて、製法も違うそうです。

細いそうめん派、少し太めの冷麦派、お好みがいろいろあると思います。

この季節の代表的な食べ物。大切な方は、どちらがお好みですか?

この記事のURL
Previous Entry is 木のベンチ >>

木のベンチ

2014年07月29日(火)

湘和礼殯館淵野辺の正面玄関横には、木製のベンチが置いてあります。

ご来館の方が、ちょっと一息、ちょっと一服される時、腰かけていただくためのベンチです。

木のぬくもりが、柔らかく感じる、と、実際には固い木のベンチですが、そうおっしゃって下さる方がたくさんいらっしゃいます。

どうぞ、お散歩の途中でも、ちょっと腰かけて、一息ついてくださいませ。

 

 

相模原市の葬儀場

湘和礼殯館淵野辺(しょうわれいひんかんふちのべ)

229-0006 相模原市中央区淵野辺5-8-6 

TEL042-730-6662

E-mail:r-fuchinobe@syouwa-kaidou.co.jp

http://www.syouwa-kaidou.co.jp/kaido/srf/

社:平安レイサービス株式会社http://www.heian-group.co.jp/top.htmlJ

ASDAQ番号2344

この記事のURL
Previous Entry is 白いシャツ >>

白いシャツ

2014年07月28日(月)

大変な猛暑でしたが、今日はやっと過ごしやすい一日となりました。

朝のことですが、通りかかった公園で、ご高齢のご夫婦が、颯爽とお散歩をされていました。

涼しげなブラウスに日傘の奥様、短パンに白いシャツのご主人、楽しげに会話をされながらもすたすたと歩かれ、太陽の光の中、真っ白いシャツがとても清潔で美しく見えます。

どんな会話を楽しまれているのでしょうね。

暑い夏の早朝お散歩も、お二人の楽しい思い出の一つ。

睦まじいお二人の姿を、羨ましく感じたさわやかな夏の朝でした。

 

 

 

この記事のURL
Previous Entry is アナログ >>

アナログ

2014年07月25日(金)

かつて自宅で音楽を聴くのは、ラジオ以外には、レコードだけでした。

時代の流れと共に、CDにその座を譲り渡して随分と長い時が立ちました。

しかし、そのアナログレコードが再びひそかなブームになっているようです。

レコードプレイヤーに針を落とす瞬間のちょっとどきどきとした感覚と、温かみのある音が、若い人たちの関心を呼んでいるようです。

湘和礼殯館淵野辺の、ご親族様控室に備えてある、レコードプレイヤーを見ると、そんな感覚がいつもよみがえってきます。

皆様は、どんな音楽をレコードで聴きましたか?

木賊(トクサ)

2014年07月23日(水)

緑色の節のある、ちょっとツクシににも似た、枝のない不思議な植物です。

茎の表面が紙やすりの代わりになるくらい強く、そのため「砥草」とも表記されています。

湘和礼殯館淵野辺の入口には、丸い鉢が並んでいます。

鉢の中には、四季を通じて青々と、一本一本、この木賊の茎がすっくと立っています。

ご来館の皆様を、六つ子の鉢が仲よくお出迎えを致します 照れる

この記事のURL
Previous Entry is はたらく >>

はたらく

2014年07月18日(金)

黒と白のリクルートスーツに身を包み、どこか緊張感を漂わせながらも、背筋をぴんと伸ばして、しっかりと歩く若い人たちの姿をあちこちで見かけます。

これから近い未来に社会に出て、憧れの職業に就いて、無我夢中で働く為に、頑張っている若い皆さんの姿は暑さの中、こちらの背筋も伸ばしてくれます。

湘和礼殯館淵野辺のグループ会社「平安レイサービス株式会社」はおかげさまで45周年を迎える 事となりました。

当社に入社時、上司から、さまざまな言葉をかけてもらいましたが、その中で印象的だった言葉の一つが「はたらく、という言葉の意味は、君たちが働く事によって、はた(傍)がらく(楽)になる、という事なんだよ。お互いに、はた、が楽になるように仕事をしなさい」という言葉です。

お客さまが「楽」になって下さいますように、スタッフ一同精進して参ります。

相模原市の葬儀場

湘和礼殯館淵野辺(しょうわれいひんかんふちのべ)

229-0006 相模原市中央区淵野辺5-8-6 

TEL042-730-6662

E-mail:r-fuchinobe@syouwa-kaidou.co.jp

http://www.syouwa-kaidou.co.jp/kaido/srf/

社:平安レイサービス株式会社http://www.heian-group.co.jp/top.htmlJ

ASDAQ番号2344

 

この記事のURL
Previous Entry is 折り紙 >>

折り紙

2014年07月17日(木)

湘和礼殯館淵野辺の、ふたつの棚には、お客様に折って頂いた折り紙、スタッフが折った折り紙、それぞれの作品が何点か展示されています。一口に折り紙と言っても、さまざまな作品があるものですね。鶴、箱、花・・・。

小さなお子様が、可愛らしい手で折られた折り紙を、わざわざお持ちくださりスタッフに下さった事がございます。館内に、暖かい、明るい笑いの和が広がりました。

ご親族さまの控室には、メッセージカードと色とりどりの折り紙をご用意させていただいております。

大切な方へ、言葉でお伝えしたいこと、言葉ではお伝えしきれないこと、どうぞ、思いを籠めてくださいませ。

 

この記事のURL
Previous Entry is なす >>

なす

2014年07月13日(日)

美味しいですよね。

夏場は、なすときゅうりのぬかづけがあれば、もうこれだけで、ごはんを何杯もいただけます 笑顔

なすときゅうりは、食卓でとても相性の良い野菜ですね。

そしてご先祖さまにはたいせつな乗り物にもなります。

ご先祖様が家に戻られる時は、一刻も早く帰ってきて頂きたいので、早く走る馬をご用意しますが、お帰りになる時は、のんびりと戻っていただきたいので帰りの乗り物はゆっくりと歩む牛です。

きゅうりと同じくなすに目や耳やしっぽをつけて、こんどはかるくもっていただくためですが、やはりそうめんで手綱をつけて、牛の完成です。

牛馬さんが、仲よく並んでいます。

本日は内覧会を開催します

2014年07月11日(金)

9時より14時まで、湘和礼殯館淵野辺の内覧会を開催致します。

花園の展示や、お通夜料理のご試食などのイベントはございませんが、ゆっくりと館内をご見学頂き、ご葬儀・ご法事などに関するちょっとした疑問やご心配な事など、ご相談を承ります。

イベント型の見学会は都合が合わず行かれなかったけれど葬儀の事で聞いてみたい事がある、葬儀場を一度見学してみたいけれど、行っていいのかしら?などのお客様、ぜひお気軽にお越しくださいませ。

相模原市の葬儀場

湘和礼殯館淵野辺(しょうわれいひんかんふちのべ)

229-0006 相模原市中央区淵野辺5-8-6 

TEL042-730-6662

E-mail:r-fuchinobe@syouwa-kaidou.co.jp

http://www.syouwa-kaidou.co.jp/kaido/srf/

本社:平安レイサービス株式会社

http://www.heian-group.co.jp/top.htmlJ

ASDAQ番号2344

 

この記事のURL
Previous Entry is 台風 >>

台風

2014年07月10日(木)

台風が上陸した地域の皆様、またこれから進路にあたる地域の皆様、十分にお気をつけ下さいませ。

今朝、雨具をしっかりと持って、自宅最寄駅から通勤しようとした時のことです。

いつも駅員さんは、改札を通る乗降客に向かって挨拶の声掛けをして下さるのですが、今朝はさらに「おはようございます!」「おはようございます!」の声が力強いのです。はっと心に響きました。

これから荒れる予感の天気に少し不安を抱きながら歩いていたのですが、その挨拶にとても元気を頂いた気がします。

たくさんの言葉ではなく、声の調子でお客様を元気づける・・・こんな気持ちでお客様に接してさしあげられるように、努力して行きたいと感じた朝でした。

感謝致します。

 

催涙雨(さいるいう)

2014年07月07日(月)

七夕ですね。朝から雨が降っていますが、夜はどうでしょうか・・・ 悲しい

七夕の雨は、織姫彦星がやっと会えて二人が流す喜びの涙が雨となって降り注ぐ、反対に雨で天の川が溢れて渡ることが出来ず、二人の悲しみの涙が雨となって降り注ぐ、といろいろな説があるようです。

願いを籠めた短冊を笹竹に吊るして七夕祭り。

皆様はどんなお願いをされましたか。

大切な方と過ごした、楽しい思い出を振り返りながら、短冊を結んだ方もたくさんいらっしゃると存じます。

涙には、さまざまな意味がありますね。

 

この記事のURL
Previous Entry is きゅうり >>

きゅうり

2014年07月05日(土)

じめじめとした梅雨はなんとなく気分がすぐれず、梅雨が終わると今度は一気に真夏の暑さになり、食欲も減退気味・・・ 悲しい

でも、こんな時期から真夏にかけて、青々と瑞々しいきゅうりが、とても目に爽やかに映ります。少し硬いトゲがあるものが新鮮ですね。

薄く輪切りにし、戻したわかめと一緒に和えてとろろ昆布を乗せて三杯酢でさっぱり、粗塩だけつけて豪快に丸かじり、ちくわの穴に細切りを詰めてお好みの長さに切って辛子マヨネーズで箸休め、薄切りにしたりゴロゴロと切って、キャベツやトマトレタスやコーンと一緒に盛り付けて、これにごま油で炒った熱々のジャコを乗せて和風ドレッシングをかけて飾りにセルフィーユを添えてサラダに、縦に切って金山寺味噌をそえてお茶うけに、大根やニンジンと一緒に甘酢につけて暑さに負けないようにピクルス、細い短冊に切ってショウガやねぎや細かく刻んだ大葉と一緒に薬味として濃いめんつゆできりりと冷たいおそうめん、あるいは暑さに疲れた胃を癒すため薄切りにしてすりおろしたショウガと一緒にあたたかいにゅうめんに浮かべて等々.

皆様は、さらにたくさんの美味しいレシピをご存じかと思います。

梅雨が開けると、夏。

お盆が近づいてきます。地域によって7月、8月とそれぞれ異なるようですが、ご先祖様をお迎えするのは同じですね。

お迎えの時は、一刻も早く帰って来て頂きたいので、馬の準備をします。

きゅうりに小豆で目をつけて、小さな葉で耳としっぽをつけて、おがらで四本足をつけて、スピードが出るので、振り落とされないようにしっかり握っていただくように、茹でたおそうめんで手綱をつけて馬の出来上がりです。

これに乗って早く戻って来て頂きましょう 照れる  

きゅうりの季節です。

ご来館ありがとうございました

2014年07月04日(金)

見学会には多くのお客様にご来館いただき、熱心なご質問、ご意見を頂戴し、誠にありがとうございました。

今回お越しになれなかった方も、また次回の見学会にお越しくださいますようにお願い申し上げます。

また詳細決まり次第、ホームページ、地方紙にてお知らせいたします。

スタッフ一同、さらに精進して参ります。

相模原市の葬儀場湘和礼殯館淵野辺(しょうわれいひんかんふちのべ)
〒229-0006 相模原市中央区淵野辺5-8-6 
TEL:042-730-6662
E-mail:r-fuchinobe@syouwa-kaidou.co.jp
http://www.syouwa-kaidou.co.jp/kaido/srf/
本社:平安レイサービス株式会社
http://www.heian-group.co.jp/top.html
JASDAQ番号2344